マスターの発酵コラム

不定期でお届けする豆麦房の発酵コラム。からだの中から美しくなる為の極意を、ほんの少しだけご紹介します。

🌿発酵の力と森のアロマで

この時期痛んだハンドケア&ネイルケアを

しませんか❓

豆麦房では発酵美容液による

✨ハンドケア&ネイルケアセット✨

この度新発売させて頂きます❣️

ネイルの美しさも、健康な爪の状態が必要です😊

健康な爪を育てる為に必要な栄養素はたくさんあります。

まず、爪の主成分のタンパク質✨

必須アミノ酸を豊富に含んだ良質なタンパク質が

必要です❣️

効果は爪に弾力をもたらし、爪を丈夫にします💕

次に、鉄分が要ります🍀

効果は爪に酸素を運んで細胞を活性化致します💕

反り爪、二枚爪を防止出来ます😊

そして、亜鉛です🍀

効果はタンパク質の合成をサポートして

爪の新陳代謝を活発にします💕

それによって爪の縦じわや爪の乾燥を防ぐことが

出来ます💕

また手の皮膚は他の場所の皮膚よりも真皮層が

薄いためシワやたるみなどの老化が顕著に現れます。

爪と同様の栄養素を与える事で

改善することが可能です💕

お顔は毎日お手入れされるのに

手や爪のケアは怠りがちではありませんか❓

コロナ感染防止の為の頻繁なアルコール消毒や

手洗い、お料理や洗い物、洗濯・・・

・爪が薄くなっていませんか❓

・洗いすぎで手は赤くなっていませんか❓

・手や爪がザラつたりガサガサになっていませんか❓

・乾燥して、ひび割れたり裂けたりしていませんか❓

そんな時には豆麦房の各種栄養素を経皮吸収させる

「自然と森の力〜美爪、ハンド再生セット」が

有効です😊💕

ご家庭で家事をするほど手がきれいになる方法💅

毎日楽しく家事をしながら

若々しい手と健康な爪を取り戻しましょう❣️

1️⃣手と爪にヒノキの発酵美容栄養液を塗る

2️⃣使い捨てのビニール手袋をし、

その上に食器洗い用手袋をし、お湯で洗い物をする♪

これだけで、手袋の中が体温で保温状態になり

発酵美容栄養液と発酵椿オイルの

浸透率が格段にアップします💕

3️⃣発酵椿オイルを塗る

毎日の家事の時間を

有意義なひとときに変えてみませんか😌✨

日に当たる機会が減り、運動不足や偏った食事で

セロトニンが不足しがちです。

このセロトニンとは、いわゆる幸せホルモンと呼ばれ

脳内で働く神経伝達物質のひとつで感情や気分の

コントロール、精神の安定に深く関わっています。

セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られて

心のバランスを保つことが難しくなるのです。

そのセロトニン不足を補うように、

精神を安定させようと食欲が増加して

体重が増加する傾向もあるのです。

幸せホルモンのセロトニンやドーパミンなど、

心の状態に影響をおよぼす「神経伝達物質」を

合成するのが腸内です。

セロトニンは、その約90%が腸でつくられております。

そのために積極的に摂りたいものが、発酵食品と

食物繊維です。

大豆や魚、肉、バナナ等には、セロトニンの材料となるアミノ酸の一種

「トリプトファン」が多く含まれています。

この「トリプトファン」は、バナナやブロッコリー

青魚などに多く含まれている「ビタミンB6」や

お米や麦、フルーツ等の「糖質」と合わさる事で

幸せホルモン「セロトニン」や「ドーパミン」の原材料になります。

豆麦房では大豆、魚、バナナ、牡蠣、海藻、

セロリ、椎茸等を発酵熟成させて

体内に吸収しやすくし同時に

植物性の食物繊維をたっぷり含んで 

腸内環境を改善させるスープの素

幸せスープ「発酵三女神(はっこうさんじょしん )」を

この度完成させて発売させて頂きます。

幸せホルモン「セロトニン」や「ドーパミン」をお手軽に

脳内に生成させる事が出来ます。

コロナ禍で塞ぎがちの毎日を

幸せスープ「発酵三女神」を呑んで

乗り切りましょう❣️

※北海道、沖縄、一部離島は別途送料がかかることがございます。

発酵戦士200㎖

発酵糠床 2㎏(容器入り、足しぬか付き)

商品代金4500円+送料無料(同梱不可)

コロナウイルスの感染を予防する為の対処法

食から免疫力を高めるのに必要な栄養素はビタミンD、たんぱく質、ビタミンA、亜鉛、

マグネシウム、ビタミンC、鉄、グルタミン等

免疫力を高める素材を発酵させることで更に栄養素の体内吸収率を上げてウイルスに抵抗出来るカラダを作る発酵スープ「発酵戦士」と

「美容ぬか床」のセット販売です。

日々の食事で免疫力を!

今回、こちらのセットにかぎり

送料無料でお送りいたします。


☆インフルエンザ、花粉症対策にも

☆小さなお子様から御年配の方まで


天照大神が生まれたこの三女神に対し

「九州から半島、大陸へつながる 

海の道(海北道中)へ降りて

歴代の天皇をお助けすると共に

歴代の天皇から篤いお祭りを受けられよ」

と神勅を示しました。

このことから、三女神は御許山から

現在のそれぞれの地に降臨し

祀されるようになりました。

これが宗像大社が祀られます

沖津宮の「田心姫神(タゴリヒメ)」

中津宮の「湍津姫神(タギツヒメ)」

辺津宮の「市杵島姫神(イチキシマヒメ)」です。

『古事記』神代上巻に

「この三柱の神は、胸形君等のもち拝(いつ)く

三前(みまえ)の大神なり」とあります。

宗像氏(胸形氏)ら筑紫(九州北部)

の海人族が集団で祀る神になられました。

海を隔てた大陸や半島との関係が緊密化して

神功皇后の三韓征伐の成功の功績により

三女神が4世紀以降

国家神として祭られるようになりました。

美しい三女神の祀られた宇佐神宮

のお膝元の豆麦房で

私は事業が出来る日々を三女神感謝して

日々精進して参りたいと心に誓いました。

宇佐神宮御祭神「比売大神」 〜終わり〜


沖津宮 田心姫神(タゴリヒメ)


中津宮 たぎつ姫神



辺津宮 市杵島姫神 (イチキシマヒメ)




日本書紀第三の「一書」では、

三女神は先ず筑紫の宇佐嶋の御許山に

降臨された後

宗像の島々に遷座されたとあります。

三女神が降臨されたと言われる御許山は、

宇佐神宮の東南約5キロほどの場所に

あります。



山頂近くの拝殿奥に

「奥宮」と書かれた鳥居があります。




その奥は有刺鉄線で結界された禁足地となって

おりますので

三女神が降臨された3柱の石が

御神体としてあると言い伝えられますが、

一般人には確認できません。

境内には奥宮に向き合って八坂神社があります。

当社御祭神である三女神の父になられます

素盞鳴尊(すさのおのみこと)が

あたたかく三女神を見守っておられるようです。

その後御許山の奥宮から

宇佐神宮本殿ニ之殿(本殿中央)に

比売大神として祀られております。

近年パワースポットとして知られてからは

たくさんの参拝客が御許山の奥宮まで

登山されておられます。

〜続く〜



神代の昔、

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と

伊邪那美命(いざなみのみこと)の夫婦神は、

高天原(たかまのはら)に住む神々から

国生みを命ぜられ、

淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐島、

対島、佐渡島、最後に本州を誕生させ、

その後、夫婦神から

天照大神(あまてらすおおかみ)、

月夜見尊(つきよみのみこと)、

素盞鳴尊(すさのおのみこと)が生まれます。



気の荒かった素盞鳴尊は

父の伊弉諾尊の怒りに触れ、

遠く根の国へ追われることとなり、

姉の天照大神に別れを告げに高天原へ赴きますが

その時に山河が鳴り響き大揺れしたため、

天照大神は武装して弟を待ち受けます。

素盞鳴尊は天照大神にいくら話しても疑いが

解けないため、

自分が男神を生めば潔白だとして、 

誓約(うけい)を申し出ます。

先ず、天照大神が素盞鳴尊の剣を噛み砕き、

息を吹きかけると三柱の女神が生まれます。

これが宗像三女神の誕生となります。

田心姫神 (たごりひめのかみ)

湍津姫神 (たぎつひめのかみ)

市杵島姫神 (いちきしまひめのかみ)

宇佐神宮ではこの三女神を

比売大神として祀られております。


〜2回目に続く〜


神功皇后が皇位に就いた記述はないものの、

先に紹介したように天皇に準じた扱いが

されていることから、 

応神天皇が即位するまでの神功皇后は、

平安前期に職名として登場する「摂政」

(君主に代わって政治を執り行なうこと)と

同じような立場であったと考えられています。

そして何と、その摂政としての在任期間は、

100歳で亡くなるまでの69年間にも

及んでいます。

実は、神功皇后は、

明治期に再び大きな脚光を浴びるのですが、

ご存知でしょうか。

1881年(明治14年)に日本で本格的な

肖像入りの紙幣が登場した際、

それに使われた最初の人物になりました。



古事記や日本書紀において、かなり史実性が高い

記載がされていることからも実在性の分岐点と

される応神天皇の時代は、

農地の耕作を目覚ましく進めた鉄製の農具や

武器が普及したことが考古学的にも

確認されています。

そしてこれは、多くの渡来人が来日し、

大陸の優れた文物や技術が導入されたからだと。

百済から渡来した学者・阿直岐(あちき)は、

駿馬と太刀をもたらし、

同じく学者の王仁(わに)により

「論語」(ろんご=中国の儒教の根本文献)や

「千字文」(せんじもん=中国・六朝時代の教科

書)がもたらされました。

さらには、酒造りや漬物の発酵技術者も来日し、

日本の社会に技術革新を引き起こしました。

神功皇后の三韓征伐は、日本に優れた

発酵技術をもたらした元となり

日本人の食に革命をもたらしました。

その神功皇后が祀られる宇佐神宮の

お膝元で「発酵工房 豆麦房」が開業出来たのも

神功皇后の御神託かもしれません。

〜終わり〜


亡くなった夫に代わり、

自ら将軍となり軍を率いて新羅へと渡海する

神功皇后。

出航するや、風の神、波の神に助けられ、

さらには魚が寄り集まって船の進行を助け、

帆船は舵や櫂を労せずたちまち新羅に到着したと

日本書紀は伝えます。

そして新羅の王は、

この天地地祇の後ろ盾を得た

神功皇后軍の勢いに圧倒され、

戦わずして降参。

さらに神功皇后は百済、高句麗も帰順させ、

三韓征伐を成し遂げるのです。



この神功皇后の三韓征伐には、

もうひとつ神功皇后のすごさを物語る逸話が

あります。

実は神功皇后、

崩御した天皇の御子(のちの応神天皇)を

お腹に宿したまま朝鮮へと出向いており、

臨月を迎えたときには、

お腹に「月延石」(つきのべのいし)や

「鎮懐石」(ちんかいせき)と呼ばれる石を

当ててさらしを巻き、

冷やすことによって出産を遅らせたと

されているのです。

そして、無事に帰還したのち、

筑紫の地(福岡県)で応神天皇を出産。





現在、この神功皇后伝説に由来した石は、

「月読神社(つきよみじんじゃ=京都市)

「鎮懐石八幡宮(ちんかいせきはちまんぐう

=福岡県糸島市)

そして壱岐(いき)の「本宮八幡神社」で

祀られています。

そして、神功皇后はその後、

大和で御子(のちの応神天皇)を皇太子に

立てて後見し、

反乱の企てを制圧しながら大和王権を

確立していったと伝わります。

〜続きます。〜


そこで神は再び神功皇后に乗りうつられて

「天上から、水に映る影のように鮮明に、

その国を見下ろしている私の言葉を

どうして誹謗(ひぼう)されるのか。

あなたが最後まで信じないのであれば、

あなたがその国を得ることはできないだろう。

たった今、皇后は子を身ごもられた。

その御子がその国を得ることになろう」と

神託を下すのですが、

仲哀天皇はなおも信じず、

強引に熊襲征討を実施したものの、

結果、勝つことができずに帰還。

そして神の怒りを受けた仲哀天皇は

しばらくして病に襲われ、崩御。

52歳だったと伝わります。

神功皇后は、夫の死に心を痛めながらも、

「天皇の急逝を知ったなら、

人民の心に隙が生じてしまうであろう」

と仲哀天皇の崩御を秘します。

一方で、祟(たた)りの神を知り、

その上で神の言う「優れた宝のある国」を

求めたいと思い、

群臣らに命じて罪を祓って過ちを悔い改める為

小山田邑(おやまだむら=福岡県古賀市小山田)

に斎宮(いつきのみや)を造らせ、

神功皇后自らがその神主となって、

さらに神託を聞こうと努めたとされています。

そして神の教えにしたがって神々を祀った結果、

まず熊襲征討を成し遂げます。

その後、香椎宮に帰り、

西方(新羅)への征討を決意。

髪をほどいて頭髪を海水にすすぐと、

霊験によって髪は2つに分かれ、

神功皇后はその髪を男子のように結い上げたと。

そうして男装した神功皇后は、

神の心にしたがって

大己貴神社(おおなむち=福岡県朝倉郡筑前町)を

建て刀剣や矛を奉って軍兵を集めます。



日本書紀が伝える、新羅征討に際して群臣を

集めたときの神功皇后の決意の言葉に

心が打たれます。

「今、征討軍を派遣しようとしている。

このことを群臣に託すが、

もし、成功しなかったら、

罪は群臣にあることになってしまう。

それははなはだ心痛むこと。

私は婦女であり、そのうえ不肖の身であるが、

しばらく男性の姿となり、

強いて雄大な計略を起こすことにしよう。

上は天地地祇の霊力をこうむり、

下は群臣の助けによって軍団の士気を

奮い起こし、険しき波を渡り、

船舶を整えて財宝の土地を求めよう。

もしことが成功すれば、

群臣よ、ともにそなた達の功績となろう。

ことが成就しなければ、罪は私一身にある」

天下のために国家を安らかに運ぶ手立てを考え、

一方で罪は臣下に及ばないと

語る神宮皇后の言葉に、

群臣はみなともに戦う決意を固めます。

 

〜続きます〜

毎日たくさんの方々が御参拝される

宇佐神宮に祀られておられる神々様を

ご存知ですか?

宇佐神宮の御祭神の1人は神功皇后です。

日本武尊の第2子・14代仲哀天皇の皇后で、

15代応神天皇(宇佐神宮の御祭神)の母と

される人物です。

神功皇后の名は、

日本書紀では「気長足姫」

(おきながたらしひめ)、

古事記では「息長帯比売」

(おきながたらしひめ)と記されています。

第9代開花天皇(かいかてんのう)の

曾孫(ひまご)にあたる氣長宿禰王

(おきながすくねのおおきみ)の娘で、

母は朝鮮からの渡来人(一説には新羅王子)

の玄孫(やしゃご)の葛城高顙媛

(かつらきのたかぬかひめ)。

幼少の頃から非常に聡明で叡智にあふれ、

かつ容貌も壮麗な姫であった神功皇后のことを、

父はどこか人間離れしていると感じていたとも

記されています。

また神と交感する能力を持つ巫女的な女性で

あったとされ、

神功皇后についてのエピソードは、

どれも非常に神がかっています。

なかでも、「朝鮮の新羅(しらぎ)を

帰服させよとの神託を受けた」ことに始まる

「三韓征伐伝説」(新羅征討説話)は、

その最たるもので、

急逝した夫の仲哀天皇に代わり、

神功皇后は女将軍として軍を率いて

朝鮮半島に出兵。

見事、新羅'を征し、

百済(くだら)、高句麗(こうくり)の三韓を

帰服させたと伝わります。

このエピソードは伝説の域を出ないものでは

ありますが、

古代日本の歴史を大きく彩る事柄です。

興味深いのは、神功皇后だとされる絵画には、

刀剣や弓矢を持ったお姿がはっきりと

描かれていること。

彼女自身、刀剣や弓矢で戦った女武将だったのでしょうか?

神功皇后の逸話は、主に西日本各地の神社を

中心に数多く伝承されていますが、

その人物像を具体的に知ることができるのは、

古代日本の二大歴史書とされる

「古事記」(こじき:712年成立)と

「日本書紀」(にほんしょき:720年成立)

です。

皇后という立場にありながら、

神功皇后を一躍、時の人としたのは、 

海の向こうの異国・新羅への出兵を行ない、

朝鮮半島の広い地域を服属下においた三韓征伐に

よるところです。

三韓とは、当時、朝鮮半島にあった

新羅・高句麗・百済の3国のこととも

言われます。

実はこの三韓征伐、

天皇を長とする当時の中央組織大和朝廷に

よって計画されたものではありません。

もともとは神功皇后の夫・仲哀天皇が、

大和朝廷に抵抗する九州の熊襲(くまそ)を

討伐するため、

儺県(ながあがた=今の福岡市博多)の

香椎宮(かしいぐう)を訪れたことに始まります。

神と交感する能力を持っていた神功皇后は、

「熊襲より朝鮮の新羅を帰服させよ」との

神託を受けます。

日本書紀によれば、神託は次のようなものです。

「熊襲は荒れてやせた地である。

どうして兵を挙げて討つ価値があろう。

この国よりも優れた、

まばゆいばかりの宝であふれた国がある。

その名は、新羅国という。

もし、私をよく祀ってもらえるならば、

刀を血で汚すことなく、

その国を必ず帰服させることができるだろう。

そして熊襲もまた、服属するであろう」

しかし、仲哀天皇は、これを疑います。

「先代の天皇達は、天つ神と国つ神、

ことごとく天神地祇

(てんじんちぎ=すべての神々)を

お祀りしてきている。

どうしてまだ残っている神がおられるものか」と

そして、高い丘の上に登り、

遥か大海を望みますが、

そのような国は見えず、

「あまねく見まわしても海だけがあり、

西に国など見えない」と信じなかったのです。

〜続く〜

(神功皇后 第一回)

発酵戦士 200ml 3000円

新型コロナウイルス対策製品
ウイルスの感染を予防する為の対処法はカラダに免疫力をつける事。
食から免疫力を高めるのに必要な栄養素はビタミンD、たんぱく質、ビタミンA、亜鉛、
マグネシウム、ビタミンC、鉄、グルタミン等
免疫力を高める素材を発酵させることで更に栄養素の体内吸収率を上げてウイルスに抵抗出来るカラダを作る発酵スープ「発酵戦士」を開発致しました。


新型ウイルスに感染しない為には

カラダに免疫力をつける事が大事です。

食から免疫力を高めるのに必要な栄養素は

ビタミンD、たんぱく質、ビタミンA、亜鉛、

マグネシウム、ビタミンC、鉄、

グルタミン酸等です。

特に重要なのがビタミンDです。

ビタミンDは正常な免疫反応を促すのに

大切な栄養素です。

ビタミンDはウイルス対策のみならず

花粉症対策、ガン予防などさまざまな機能が

あります。

ビタミンDからは『ディフェンシン』

が作られていて

これが喉や鼻の粘膜を保護する作用として

働いてくれます。

ビタミンDが欠乏することで免疫機能のバランス

が崩て免疫の暴走が始まり

ウイルス感染がしやすくなったり

花粉症などのアレルギー疾患にも

繋がってしまいます。

ビタミンDは青魚やきくらげ等のきのこ類から

多く摂取することができます。

また豆麦房の「発酵戦士」入っている

国東半島で採取されたアカモクに

含まれるフコイダンにはウイルス感染時に

サイトカイン(体内にあるタンパク質)の

過剰な放出を抑制して

症状を鎮める作用があるようなのです。

豆麦房は

免疫力を高める素材を発酵させることで

更に栄養素の体内吸収率を上げて

ウイルスに抵抗出来るカラダを作る

発酵スープ「発酵戦士」をおすすめ致します。

☆インフルエンザ、花粉症対策にも
☆小さなお子様から御年配の方まで
一日小さじ1杯を目安にお湯で薄めてスープとして、お料理にかけてお召し上がり頂けます。

ご好評につき期間延長【お試しキャンペーン価格】7700円


カラダの内側からの基礎化粧品

〜プレミアムTOUBAKUBOU〜

     発酵美神セット

発酵美神スープ300ml(定価5000円)

発酵美神エクオール粉150g(定価6000円)

【プレミアム豆麦房キャンペーン】

発酵美神スープ5000円

発酵美神エクオール粉6000円

11000円を

【30%割引】 7700円

摂取された皆様より

体とココロの調子が良いと言う

お声を頂いております商品です。

この機会に是非お試しください。


日常では摂取しにくい免疫力、美容効果の高い栄養素が多く含まれます食材を完全無添加

日本古来より培ってきた発酵の技術を駆使いて、効率よくカラダの細胞まで届くようにしております。


発酵美神:大豆、どくだみ、茶、桑の葉、葱、塩

発酵美人スープ:大豆、茶、木耳、海藻、葱、鹿肉、鶏肉、鰯、鰹、牡蠣、塩、椎茸


免疫力アップや綺麗なカラダになる為にはアミノ酸や各種ビタミン類、ミネラル分が必要です。

本格的なファスティングも「発酵美神セット」に置き換えられるだけで

簡単に安全に美しく出来ます。

【ご愛飲頂いております皆様からのお声】

★モチモチ肌、ハリ、ツヤ、美白、

★リフトアップし、小顔になった

★体重が減り、脂肪がしなやかな筋肉に

★髪が強く、ツヤがでた

★抜け毛が減った

★関節痛がなくなった

★イライラしなくなった

★夫婦、親子喧嘩がなくなった

★生理不順がよくなった

★胸にハリがもどり、ウエストがくびれてきた

★肌の状態よいのでファンデーションなどの化粧品の使用量が減った

カラダもココロも

美しいゆとりのある人生にかえてみませんか?

飲み方

130ccのお湯に10ccの発酵美神スープと

小さじ1杯(5g)の発酵美神の粉を混ぜて一日1杯~を

摂取してください。

美神スープ・・・細胞の再生に必要な栄養素(アミノ酸.ミネラル類)の補給。

美神の粉・・・大豆イソフラボンを発酵させ、更に

どくだみ、桑の葉、生茶の3種類の薬草を加えたエクオールは

肌の調子を整え、美肌ホルモンであるエストロゲンの働きを補います。

若々しい肌、

潤いのある髪、

自律神経の安定に。


ゆとりのあるあなた本来の美しさのサポートします。